ニュースリリース

KOBELCOグループのDX戦略を共に推進するパートナーシップを確立

Apr 21, 2022

2022年4月21日

株式会社神戸製鋼所

日本アイ・ビー・エム株式会社

キンドリルジャパン株式会社

コベルコシステム株式会社

 

 

㈱神戸製鋼所(代表取締役社長 山口貢、以下 神戸製鋼所)、日本アイ・ビー・エム㈱(代表取締役社長 山口明夫、以下 日本IBM)、キンドリルジャパン㈱(代表取締役社長 上坂貴志、以下 キンドリル)は、2022年2月に、KOBELCOグループのIT分野における業務のアウトソーシングについて、2027年までの更新契約を締結しました。

また、同3社および、神戸製鋼所と日本IBMの出資会社であるコベルコシステム㈱(代表取締役社長 瀬川文宏、以下 コベルコシステム)の4社は、KOBELCOグループのDX戦略を共に推進するための新たなパートナーシップを確立しました。

 

1.今回のパートナーシップ確立について

2001年より、神戸製鋼所と日本IBMは、神戸製鋼所のIT分野の強化・費用削減を意図した戦略的アウトソーシングを開始し、以降、20年間契約更新を重ねてパートナーシップを築いてきました。今回の新たなパートナーシップ確立により、4社はKOBELCOグループの業務改革や事業貢献のためのDXの推進とともに、ITに関する長期的な安定維持や継続的な費用の最適化と、ITの高度化、および継続的な人材の育成と技術交流を目指して協力して参ります。

 

2.KOBELCOグループのDX戦略について

KOBELCOグループは、2021年度から3カ年の中期経営計画を策定し、「安定収益基盤の確立」と「カーボンニュートラルへの挑戦」を最重要課題としています。これらの実現に向けて経営基盤の強化を図る中、DX戦略としては2050年を見据えたカーボンニュートラルの実現をはじめとする社会課題をお客様と解決する製品並びにソリューションのプロバイダーを目指すことを基本方針とし、徹底的なデジタル化(RPA・IoT・AI等)による革新的な生産性向上に加え、多様な事業を営むKOBELCOグループが保有する多種多様な特徴ある資産を活かした新しい価値の探索を進めています。

(ご参考:KOBELCO Digital Transformation(DX)戦略

 

今後、4社は情報システムの最新化や運用管理の高度化を進め、安心・安全で品質の高いシステム構築や運用と、ITコストの最適化を図り、KOBELCOグループのお客様に対して、DXによる高い価値を提供できるよう取り組んで参ります。

 

3.各社の概要などについて

(1)日本IBM

先進的なハイブリッドクラウドやAIソリューションの提供等の技術的な支援による神戸製鋼所のITシステムの円滑な保守に取り組んできました。また、各業界に精通したコンサルタントが神戸製鋼所のIT部門の要員と共創し、DXの方針を定める活動にも取り組み、お客様の企業変革やDXを支援しています。

 

(2)キンドリル

IBMのマネージド・インフラストラクチャー・サービス事業の分社化により、2021年9月から業務を開始しました。複雑かつミッションクリティカルなITインフラを設計、構築、管理、モダナイズしてきた豊富な知見やスキルを持ち、国内外の多くのお客様のシステム運用を支えています。今回のパートナーシップにより、DX戦略を実行するために最重要となるシステム運用のさらなる高度化や最適化を推進し、DXによる企業競争力の向上を支援するとともに、神戸製鋼所の基幹システム運用の安心・安全・安定に向けてより一層取り組んでいきます。

 

(3)コベルコシステム

KOBELCOグループのIT機能分担会社として、アプリケーション、インフラ両面でのシステム企画・設計・構築・運用を通じ、今回のパートナーシップの目的実現に貢献していきます。また、神戸製鋼所から受け継いだ「ものづくりや品質へのこだわり」と、日本IBMが持つ「優れたテクノロジーやノウハウ」を融合させ、今後も国内製造業を中心とした様々なお客様のニーズに応えていきます。

 

以上

 

English follows ;

 

Four Companies Form Partnership to Jointly Drive KOBELCO Group’s DX Strategies

 

In February, 2022, Kobe Steel, Ltd. (President and CEO Mitsugu Yamaguchi), IBM Japan, Ltd. (General Manager Akio Yamaguchi), and Kyndryl Japan KK (President Takashi Uesaka) renewed the agreement for outsourcing the IT operations of the Kobe Steel Group (also known as the KOBELCO Group) until 2027.

 

In addition, the three parties and Kobelco Systems Corporation (President Fumihiro Segawa), a company jointly owned by Kobe Steel and IBM Japan, have agreed to form a new partnership to jointly drive the KOBELCO Group’s digital transformation (DX) strategies.

 

1. About the Partnership

In 2001, Kobe Steel and IBM Japan started strategic outsourcing to reinforce Kobe Steel’s IT operations and reduce costs. Since then, the two companies have been renewing the agreement for 20 years and building a strong partnership.

 

Through the new partnership, the four parties will join forces to drive the KOBELCO Group’s DX for its operational reform and business development, as well as to ensure the long-term stability in the Group’s IT operations and continued optimization of costs, maintain advanced IT systems, and promote the development of human resources and technology exchanges for continued cooperation.

 

2. About the KOBELCO Group’s DX Strategies

In fiscal 2021, the KOBELCO Group formulated a 3-year Medium-Term Management Plan, placing top priority on establishing a stable earnings base and taking on the challenge of realizing carbon neutrality. While reinforcing its business foundation to achieve these goals, the Group has set a basic policy for its DX strategies aimed at becoming a provider of products and solutions that help solve social issues together with customers, including achieving carbon neutrality by 2050. Under the DX strategies, the Group will work on innovative productivity improvement through overarching digitalization (by means such as RPA, IoT, and AI) and new value creation utilizing its unique and distinctive assets that have been developed through the operations of a wide-ranging businesses.

 

Going forward, the four parties will promote the innovation of information systems and the sophistication of operational management, while building and operating high-quality systems with safety and security ensured and optimizing IT costs. The partnership will move forward with the KOBELCO Group’s DX strategies with the aim of bringing added value to customers.

 

3. About the Partner Companies

 

1. IBM Japan

IBM Japan has been working on the smooth maintenance of IT systems at Kobe Steel through providing advanced hybrid cloud environments, AI solutions, and other areas of technical support. In addition, consultants who are familiar with various industries have been co-creating with IT experts of Kobe Steel in formulating the DX strategies and other activities and supporting customers' corporate transformation and DX.

 

2. Kyndryl

Kyndryl started operations in September 2021 after the separation of the managed infrastructure services business from IBM. It has extensive insight and skills in designing, building, managing, and modernizing complex, mission-critical IT infrastructures, and it supports system operations for many clients worldwide. Through this partnership, the company will promote further refinement and optimization in system operations—the key facet for carrying out DX strategies. It will also help boost the corporate competitive edge through promoting DX while redoubling its efforts to ensure safety, security, and stability in mission-critical system operations at Kobe Steel.

 

3. Kobelco Systems

As a company that performs the IT functions of the KOBELCO Group, Kobelco Systems will contribute to the implementation of this partnership through system planning, design, construction and operation in both applications and infrastructure. The company will continue to meet the needs of various customers, mainly in the domestic manufacturing industry, by integrating the spirit of dedication to manufacturing and quality inherited from Kobe Steel with the superior technology and know-how offered by IBM Japan.

 

IBM、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。

Release Categories

日本IBM 広報代表

電話: 03-3808-5120

e-mail: PRESSREL@jp.ibm.com

その他お問い合わせ窓口一覧