ニュースリリース

フジテレビジョンの基幹ネットワークを刷新

Cisco TrustSecテクノロジーを活用した
ソフトウェア定義型セグメンテーションにより、ユーザーベースの通信制御で
業務効率化、セキュリティー強化、運用負荷軽減を実現
Sep 29, 2017

TOKYO - 29 9 2017:
2017年9月29日

日本アイ・ビー・エム株式会社
シスコシステムズ合同会社

日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、社長:エリー・キーナン、以下 日本IBM)とシスコシステムズ合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:鈴木みゆき、以下 シスコ)は、株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮内 正喜、以下 フジテレビ)の基幹ネットワークの刷新を支援したことを発表しました。新基幹ネットワークは本年6月30日より稼働を開始し、今回国内企業初となるCisco TrustSecテクノロジーの大規模展開により、社員などが利用する約5,000台の端末をサポートする、動的なユーザーベースの通信制御・運用を実現しています。これにより、社内のどこからでも一貫したポリシーに基づいて社内ITシステムを利用できるようになり、社員の利便性や業務効率化を向上します。さらに、セキュリティーの強化や運用管理の負荷軽減を図ります。

フジテレビでは良質のコンテンツ及び安定した放送の提供を一番の使命と考え、常に時代の半歩先を見据え、良質で「夢」が溢れるコンテンツを創り続けることを目指しています。このような業務を支える社内ネットワークにおいては、シンプルなネットワーク、ユーザーの要求に対する柔軟な対応、将来のクラウド活用を見据えた整備、セキュリティー強化などが求められていました。

新たな基幹ネットワークの特長は、Cisco TrustSecテクノロジーを活用したソフトウェア定義型セグメンテーションソリューションにより、従来のIPアドレスに基づいた静的な通信制御ではなく、ユーザー属性に基づいた動的な通信制御ができることです。また、ネットワークの管理ポリシーが一元化されるため、セキュリティー運用を強化したり、運用管理の負荷を軽減し、同時に、将来のクラウド活用に向けたネットワークの最適化を可能にします。今回、同テクノロジーが持つ高信頼性、拡張性、俊敏性、および従来活用してきたIPベースのネットワーク技術コンセプトとの親和性が評価され、採用に至りました。IBMはネットワーク構築におけるスキルや知見を活用し、きめ細かな検証やソリューションの拡充を支援しました。

今後フジテレビは、通信データの振る舞い分析から感染端末の検出・特定するNetwork as a Sensor (NaaS:センサーとして機能するネットワーク)や、怪しい振る舞いを即時に自動制御・隔離可能なNetwork as an Enforcer (NaaE:エンフォーサーとして機能するネットワーク)の導入を予定しており、さらに一歩進んだ「見える化」の実現と未知の脅威に対する体制強化を図ります。

Release Categories