ニュースリリース

パーソルキャリア、マッチングの精度とスピードを向上

2018年01月16日

TOKYO - 16 1 2018:
2018年1月16日

- 国内初、IBM Power Systems + Hortonworksでビッグデータを解析
- POWER9搭載最新サーバー採用で将来のディープ・ラーニングを視野に

日本アイ・ビー・エム株式会社は、パーソルキャリア株式会社が転職希望者に迅速かつ高品質なサービス提供を行うための業務自動化基盤刷新にあたり、Power Systemsが採用されたことを発表します。これは、Power Systems上でホートンワークスジャパン株式会社が提供するHDP(Hortonworks Data Platform®)を利用した国内初の事例となります。新システムは、2018年5月に稼働を開始する予定です。

IBMのPOWER8搭載Power Systems (IBM Power System S822LC for Big Data)上でHortonworksのHDP(Hortonworks Data Platform)を利用しビッグデータ解析を行うHadoop環境の構築は、国内初の事例となります。HDPは、蓄積された膨大なデータから必要なデータを高速に抽出、アプリケーションとリアルタイムに連携した分析機能を提供します。
IBM Power System S822LC for Big Dataは、急増するデータに対応するために設計されたビッグデータ専用サーバーで、大容量ストレージを搭載かつ将来の拡張性も優れています。履歴書など個人情報を含む顧客データは、Power Systemsによるオンプレミスのセキュアな環境で処理されるため、信頼性の高いセキュリティーも訴求できます。また、Hadoop上で機械学習などを高速に実行するSparkを本格活用する観点で、IBM+Hortonworksの協業およびサポート体制の将来性・信頼性が評価されました。

また、2017年12月5日(米国現地時間)発表のAI向けに設計されたPOWER9搭載サーバー( IBM Power System AC922)がパーソルキャリアに採用されました。PowerAIの活用により、将来の機械学習、ディープ・ラーニングをさらに向上させるインフラ基盤としての検証が可能となります。

Release Categories