ニュースリリース

オムロンと日本IBM、データドリブンな企業運営に向けパートナーシップを強化

業務プロセス標準化とデータ活用の推進により付加価値拡大と業務生産性の向上を実現
Apr 14, 2022

2022年4月14日

 

オムロン株式会社

 

日本アイ・ビー・エム株式会社

 

オムロン株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長CEO:山田 義仁、以下 オムロン)と日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口 明夫、以下 日本IBM)は、オムロンがグループ全社で取り組む、データドリブンな企業運営への進化を可能とする経営システムの基盤構築を目的とした、「コーポレートシステムプロジェクト(CSPJ)」の推進に向け、両社のパートナーシッププログラムに関する契約を締結しました。

 

オムロンは、2030年度に向けた長期ビジョン「Shaping the Future 2030(SF2030)」を今年4月1日よりスタートしています。SF2030では、企業理念を実践し、持続可能な社会をステークホルダーとともに形づくり、企業価値を最大化することを目指しています。また、SF2030において、オムロンは、2022年度から2024 年度までの3年間の中期経営計画(呼称:SF 1st Stage)を策定し、全社中計方針として、「トランスフォーメーションの加速による価値創造への挑戦」を掲げています。

この方針に基づき、SF 1st Stageでは、「事業」、「企業運営・組織能力」の2つの領域でのトランスフォーメーションを進めます。具体的な取組みとして、「企業運営・組織能力のトランスフォーメーション」においては、事業・業務を通じて獲得した膨大なデータを解析し、経営判断に役立てるDXによるデータドリブンな企業運営への進化を目指し、CSPJを推進していきます。

 

CSPJは、IT基盤の刷新のみならず、業務プロセスの標準化や将来的なデータ活用までも視野に入れたグローバルの経営システム基盤を構築するためのプロジェクトであり、オムロン全社の最重要プロジェクトの一つです。

 

グローバルプロジェクトであるCSPJには、さまざまなグローバル企業の変革を支援した豊富な実績やスキルをもち、共に取り組むプロフェッショナルなパートナーが必要です。そこでオムロンは、CSPJを推進するための「パートナーシップ プログラム」に関する契約を日本IBMと締結しました。今後、オムロンは日本IBMとのパートナーシップを通じて各種施策に取り組み、CSPJの着実な実行によるデータドリブンな企業運営を進めてまいります。

 

日本IBMは、お客様のDXに共に取り組むことを目指し、2020年5月に「デジタル変革パートナーシップ包括サービス」を発表し、テクノロジーを活用した共創パートナーシップをお客様と推進しています。グローバルや国内で培ってきた豊富な実績やスキルと先進テクノロジーを活用しながら、強固なパートナーシップのもと、オムロンと共にDXを推進し、オムロンの持続的成長・企業競争力強化を支援していきます。

 

オムロン株式会社について
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約30,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、https://www.omron.com/jp/ja/ をご参照ください。

 

日本アイ・ビー・エム株式会社について

日本アイ・ビー・エム株式会社は、世界175カ国以上でビジネスを展開するIBMコーポレーションの日本法人で、基礎研究をはじめ、ビジネス・コンサルティングから、ITシステムの構築、保守まで一貫したサービスの提供を通じて、お客様の企業変革やデジタル・トランスフォーメーションを支援しています。詳細については、https://www.ibm.com/jp-ja/ をご参照ください。

 

※IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。


 

OMRON and IBM Japan Strengthen Partnership for Data-Driven Corporate Management

Promoting Standardized Business Processes and Data Utilization to Maximize Added Value and Increase Operational Productivity

 

OMRON Corporation

IBM Japan, Ltd.

 

OMRON Corporation (HQ: Shimogyo-Ku, Kyoto. President and CEO: Yoshihito Yamada; hereinafter, "OMRON") and IBM Japan, Ltd. (HQ: Chuo-Ku, Tokyo. General Manager and President: Akio Yamaguchi; hereinafter "IBM Japan") announced today the signing of an agreement on a partnership program between the two companies with a view toward expediting the Corporate System Project (hereinafter, CSPJ), the OMRON Group's ongoing initiative to solidify the foundation of management systems that bring about evolution to data-driven corporate management.

 

On April 1, 2022, OMRON kicked off its long-term vision for fiscal 2030, "Shaping the Future 2030 (SF2030)." Guided by this new future vision, OMRON aims to maximize its corporate value by working together with its stakeholders to shape a sustainable society through the diligent practice of the OMRON Principles. As part of SF2030, OMRON has also drawn up the medium-term management plan, "SF 1st Stage," which covers a three-year period from fiscal 2022 to fiscal 2024, and set up the group-wide policy of "An attempt at value creation by accelerating transformation." Under this policy, in the SF 1st Stage OMRON will accelerate transformation in the two domains of "Business" and "Corporate management and organizational capabilities." In the latter domain, OMRON will expedite the CSPJ in order to achieve evolution to data-driven corporate management through digital transformation (DX), which allows us to analyze a vast amount of data obtained in the course of business and operation and reflect analysis results in management decisions.

 

The CSPJ seeks to develop the foundation of global management systems, which encompass the standardization of business processes and the future utilization of data, as well as the renewal of information technology (IT) infrastructure. As such, it is one of the most important projects for the OMRON Group.

For the CSPJ to make a meaningful impact on the OMRON Group on a global basis, we need professional partners who, with a great deal of necessary skill, have a proven track record of successfully assisting global enterprises in their reform efforts. It is thus only natural for OMRON to choose IBM Japan as a signee to its Partnership Program for promoting the CSPJ. Through the partnership with IBM Japan, OMRON will work on a variety of measures to promote data-driven corporate management by steadily implementing the CSPJ.

 

In a bid to work closely with its customers in bringing about DX, IBM Japan in May 2020 announced its new comprehensive service in the form of a Digital Transformation Partnership, in which it taps into its wealth of technology for joint development with customers. Leveraging its solid track record, skills, and advanced technology it has cultivated globally at its command, IBM Japan will forge ahead with OMRON's DX through the robust partnership, thus assisting OMRON in sustaining business growth and enhancing competitiveness.

 

About OMRON Corporation

OMRON Corporation is a global leader in the field of automation, with its proprietary Sensing & Control + Think core technologies. Established in 1933, it currently has approximately 30,000 employees the world over working to provide its customers in around 120 countries and regions with products and services in a variety of fields, including industrial automation, electronic components, social systems, healthcare, and environment. For more information, visit OMRON's corporate website at https://www.omron.com/global/en/.

 

About IBM Japan

IBM Japan is the Japanese entity of IBM Corporation, which is operating in more than 175 countries around the world. It supports clients’ business transformation and digital transformation through a full range of services, from basic research and business consulting to IT system development and maintenance. For more information, visit https://www.ibm.com/jp-ja/.

 

IBM, the IBM logo, and ibm.com are trademarks or registered trademarks of International Business Machines Corporation, registered in many jurisdictions worldwide. Other product and service names might be trademarks of IBM or other companies. A current list of IBM trademarks is available on the web at "Copyright and trademark information" at http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US).

Release Categories

日本IBM 広報代表

電話: 03-3808-5120

e-mail: PRESSREL@jp.ibm.com

その他お問い合わせ窓口一覧