ニュースリリース

城南信用金庫、デジタル変革の推進に向け日本IBMとのパートナーシップを強化

「デジタル変革パートナーシップに関する合意書」を締結
Apr 12, 2022

2022年4月12日

 

城南信用金庫

日本アイ・ビー・エム株式会社

 

 

城南信用金庫(理事長:川本 恭治)と日本アイ・ビー・エム株式会社(代表取締役社長:山口明夫、以下「日本IBM」)は、城南信用金庫がめざすお客様に寄り添ったデジタル変革(以下、DX)の実現を通じ、地域社会の発展、繁栄に貢献するため、「デジタル変革パートナーシップに関する合意書」を締結しました。

 

城南信用金庫では、金庫が目指す「全員営業体制」や「お客様の利便性向上」を実現するためには、(1)「営業店を『事務処理の場』から『コミュニケーションの場』に変革する」*、(2)「デジタル化により創出された『人』と『時間』の渉外活動や相談業務へのシフト」(3)「有効な接点を持つことが難しかったお客様に対する、来店せずとも金融サービスを提供する新しい非対面チャネルの提供」が重要であると考えており、今般、中長期的なロードマップを策定し、こうした取り組みを加速させるため、DX戦略に豊富な知見を有する日本IBMと「デジタル変革パートナーシップに関する合意書」を締結しました。

JohnanShinkinDXPartnership1

 

今後は、本提携を皮切りに、金庫が目指す取り組みに加えて、地域の中小企業の皆様のDX支援に取り組んでいくため、役職員一人ひとりの知識・リテラシー向上に努めながら、地域社会に貢献できるDX人財の育成に取組んでいきたいと考えています。

 

JohnanShinkinDXPartnership2

<本提携で取り組む主な事項>

(1)DX人財育成

・役職員向け等のDXセミナーや研修会の開催

(2)中長期的なDXビジョン策定

・10年後を見据えた金庫のDXビジョン計画策定支援

(3)データの利活用

・データ利活用について(お客様への付加価値提供)

・AIの活用について(渉外活動等での活用検討)

(4)地域の中小企業の皆様へのDX支援

・最新の事例を踏まえたDXに関する情報提供

 

 

*: 2023年1月サービス提供予定の、お客様に寄り添ったデジタルトランスフォーメーションを実現し、新たな顧客体験を提供する 「城南バンキングアプリ」 は、地域の皆様とのコミニュケーションツールとしての機能も備えた「オールインワンアプリ」をめざして、開発に取り組んでいます。

以上

※IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。

Release Categories

日本IBM 広報代表

電話: 03-3808-5120

e-mail: PRESSREL@jp.ibm.com

その他お問い合わせ窓口一覧