ニュースリリース

大規模なトランザクション処理中にリアルタイムAI推論の利用を実現
業界初の耐量子暗号システムとなる次世代メインフレーム「IBM z16」を発表

・IBM Telumプロセッサーにより、AI推論を利用したリアルタイムでの洞察の獲得が可能に
・IBM z16は、業界初の耐量子暗号システム(*1)
・幅広い情報を一括して提供する「IBM Z and Cloudモダナイゼーション共創センター」を日本で開設
Apr 6, 2022

2022年4月6日

 

[米国ニューヨーク州アーモンク- 2022年4月5日(現地時間)発]

IBMは本日、オンチップAIアクセラレーターを搭載し、パフォーマンスを最適化した推論を可能とするIBMの次世代システム「IBM z16™」を発表しました。この技術革新により、クレジット・カードやヘルスケア、金融取引をはじめとするミッション・クリティカルなワークロードにおいて、お客様は大規模なトランザクションをリアルタイムに分析できるようになります。また、IBM z16は、IBMの強固なセキュリティーを継承し、現在使用されている暗号化技術を破る可能性のある近い将来の脅威から保護できるように設計されています。IBM z16の出荷開始は、2022年5月31日を予定しています。

 

あわせて日本では、IBM zSystemsをご利用の日本のお客様が、アプリケーションやデータ、プロセスのモダナイゼーションを加速できるよう、必要なツール、技術資料、研修などを一括して提供する「IBM Z and Cloudモダナイゼーション共創センター」を本日開設しました。

 

IBM z16を含むIBMのイノベーションは、数十年にもわたり、世界経済の技術基盤を形成してきました。最新のIBMメインフレームは、ハイブリッドクラウド環境における中心的役割を担い、Fortune 100にノミネートされている企業の3分の2の企業、世界の銀行上位50行のうち45行、保険会社上位10社のうち8社、世界の小売業者上位10社のうち7社、通信会社上位10社のうち8社から、最も信頼性の高いワークロードを実行するための高度なセキュリティーを備えたプラットフォームとして評価されています。例えば、IBMの委託によりCelent社が実施した調査レポート「IBM Zにおける不正防止の運用」によると、IBM zSystemsは金額ベースで世界取引の70%を実行しています(*2)

 

IBM Systemsのシニア・バイス・プレジデントであるリック・ルイス(Ric Lewis)は次のように述べています。「IBMは、高い安全性を誇るトランザクション処理における絶対的基準です。 IBM z16の新機能により、お客様はミッション・クリティカルなデータが存在する場所でAI推測を行い、意思決定を高速化することができます。これにより、より優れた顧客体験の提供やより強力なビジネス成果の獲得が可能となり、それぞれの業界でゲームを変える絶好の機会が開かれるのです」

 

新しいユースケースとアプリケーションで業界に革命をもたらすリアルタイム・エンタープライズAI

世界中の金融機関は、不正行為が収益や消費者とのやり取りに与える影響に苦しんでいます。IBMとMorning Consult社による新しい調査「2022 IBM Global Financial Fraud Impact Report」によると、調査対象となった7カ国の消費者のあいだでは、クレジット・カード詐欺が最も一般的な詐欺のタイプでした。さらに、回答者は、不正の防止に最も責任を負うべきなのは銀行と決済ネットワークであると回答しました。しかし、AI推論の処理時間の問題により、ディープ・ラーニング・モデルをリアルタイムで大規模に実行することは困難であったことから、不正検出モデルは大量のトランザクションの10%未満のみでしか実行されず、かなりの量の不正が検出されていません。

 

IBM z16は、IBM TelumプロセッサーによるAI推論と、高い安全性と信頼性を備えた大量のトランザクション処理を融合しました。これにより、トランザクション中に不正を大規模に分析できるようになります。IBM z16は、わずか1ミリ秒 (*3)でAI推論処理を実行し、1日に3000億回のAI推論を処理できます。消費者にとっては、クレジット・カードの不正取引に対応するための時間や労力の軽減につながります。

 

その他にも、脱税や組織的な小売りの盗難といった脅威が、政府や企業が管理すべき課題として挙げられます。リアルタイム決済や暗号通貨などの代替決済手段は、従来型の不正検出技術の限界をさらに押し上げようとする要因となっています。IBM z16の新機能を様々な業界に適用することで、以下のようなこれまでに無いユースケースの創出を支援します。

 

  • ローンの承認:ビジネス・ローンや消費者ローンの審査を迅速化
  • 清算と決済:決済前に高いリスクにさらされる取引やトランザクションを特定
  • 小売業向けの連合学習(フェデレーテッド・ラーニング):詐欺や盗難に対するリスクをより適切にモデル化

 

業界初の耐量子暗号システムによるデータの保護

オンプレミスとパブリッククラウドのリソースを含むハイブリッドクラウド環境では、現在の脅威に対する保護だけではなく、今データを盗み、将来的に解読を試みる可能性があるサイバー犯罪者に対する備えが重要です。IBM z16は、全方位型暗号化やコンフィデンシャル・コンピューティングといったIBM のテクノロジーをベースに、量子コンピューティングの進歩に伴って進化する可能性のある将来の脅威からデータを保護することにより、サイバー・レジリエンシーをさらに高めています。

 

業界初の耐量子暗号システム(*4)として、IBM z16は、現在および将来の脅威からデータとシステムを保護するための新しいセキュリティーを構築するアプローチである格子ベースの暗号化方式を基盤としています。IBM z16の耐量子暗号により、企業は今日から、アプリケーションとデータを将来にわたって保護することができます。

 

悪意ある攻撃者が、ブート・プロセスにマルウェアを注入し、起動時にシステムを乗っ取ることができないようにするセキュア・ブートにより、サイバー・レジリエンシーの体制を強化し、システムの制御を維持することができます。また、Crypto Express 8S (CEX8S) ハードウェア・セキュリティー・モジュールにより、従来の暗号化技術および耐量子暗号技術の両方を提供し、お客様が、情報の機密性、完全性、および非否認を必要とするユースケースに対応できるようにします。IBM z16 のセキュア・ブートと耐量子暗号は、恐喝、知的財産の損失、機密データの流出につながる可能性がある「今データを盗み、将来的に解読を試みようとする」攻撃など、量子コンピューティングに関連する将来の脅威にお客様が対応できるよう支援します。

 

ハイブリッドクラウド・アーキテクチャーの活用によるモダナイゼーションの推進

IBMは、過去3年間、IBM zSystemsプラットフォームにオープンソース・テクノロジーを採用し、ハイブリッドクラウド全体で共通の開発者体験の確立に非常に多くの投資を行ってきました。これらのソリューションは、お客様が既存のITインフラストラクチャーやクラウド、アプリケーションへの投資、また、それらの強みをシームレスに活用できるように設計され、同時に、お客様が選択したアーキテクチャー上でクラウドネイティブ・ワークロードを構築、実行、管理、モダナイズする柔軟性を提供します。

 

この取り組みに関する最近の発表は以下の通りです。

 

  • IBM Z and Cloud Modernization Stack:関心の高いオープンソース・プロジェクトのサポートを含め、お客様のアジリティーの向上と変革の加速を支援します。
  • IBM Z and Cloud Modernization Center非常に多くのツール、技術資料、研修、エコシステム・パートナー、IBM コンサルティングが蓄積してきた業界固有の専門知識にデジタル・アクセスすることにより、IBM zSystemsのお客様は、オープン・ハイブリッドクラウド・アーキテクチャー上で、アプリケーション、データ、プロセスのモダナイゼーションを加速することができます。 また、本日、日本のお客様向けに関心の高い情報を提供する「IBM Z and Cloudモダナイゼーション共創センター」を開設しました。
  • Tailored Fit Pricing(クラウド的な価格設定):フルスタック・アプローチにより、クラウド的な価格設定で、お客様が動的なワークロードやビジネス・ニーズの変化に迅速に対応できるようにします。
  • Linux on ZにAnacondaを導入一例として、一般的なデータ・サイエンス・フレームワークやライブラリーをエンタープライズ・プラットフォームに導入し、ハイブリッドクラウド全体で一貫したデータ・サイエンス・ユーザー体験を提供します。
  • 簡素化されたサポート:IBM テクノロジー・サポート・サービスは、IBM z16 のお客様に、計画外の停止を予測・防止するターンキー・サポート、および現在のハイブリッド・テクノロジー環境がもたらすビジネス機会の活用を促進する技術サービスを提供します。

 

IBMは70社以上のお客様との共創をもとにIBM z16を開発し、将来のIBMメインフレーム開発にむけて同様の取り組みを開始しています。IBM z16の出荷開始は、2022年5月31日を予定しています。詳しくは、ロス・マウリ(Ross Mauri) のブログをご参照ください。

 

当報道資料は、2022年4月5日(現地時間)にIBM Corporationが公開したプレスリリースの抄訳に日本独自の発表内容を加えたものです。原文はこちら (英語) を参照ください。

 

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Cloud、IBM Z、IBM zSystemsは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。

Linux(R) は、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標です。


※1:第三者機関のアナリストによる評価。IBM z16 with Crypto Express 8S カードは、NISTが実施するPQC標準化プロセス中に最終候補として選択された耐量子暗号アルゴリズムへのアクセスを提供する、耐量子暗号APIを提供します。 https://csrc.nist.gov/Projects/post-quantum-cryptography/round-3- submissions. 耐量子暗号とは、大規模な量子コンピューターが構築された後も情報資産を安全に保つために、従来のコンピューターと量子コンピューターの両方による攻撃に対して抵抗性のあるアルゴリズムを特定することを意味します。ソース: https://www.etsi.org/technologies/quantum-safecryptography.” これらのアルゴリズムは、多数のファームウェアおよびブート・プロセスの整合性を確保するために使用されます。IBM z16は、ファームウェアの複数の層にわたる耐量子暗号テクノロジーによって保護される業界初のシステムです。

※2:2022年3月 IBMの委託によるCelent社の調査レポート「IBM Zにおける不正防止の運用」

※3:Ubuntu 20.04(SMT モード)上の48個のIFLと128GBのメモリーを備えたz16 LPARで、Integrated Accelerator for AIを活用したシンセティック・クレジット・カード不正検出モデル(https: //github.com/IBM/ai-on-z-fraud-detection)を使用してローカル推論操作を実行するIBMの内部テストからパフォーマンスが推定されます。ベンチマークは、それぞれ異なるチップの最初のコアに固定された8個の並列スレッドで実行されていました。コア・チップ・トポロジーを識別するためにlscpucommandが使用されました。128個の推論操作のバッチ・サイズが使用されました。結果は異なる場合があります。

※4:第三者機関のアナリストによる評価。IBM z16 with Crypto Express 8S カードは、NISTが実施するPQC標準化プロセス中に最終候補として選択された耐量子暗号アルゴリズムへのアクセスを提供する、耐量子暗号APIを提供します。 https://csrc.nist.gov/Projects/post-quantum-cryptography/round-3- submissions. 耐量子暗号とは、大規模な量子コンピューターが構築された後も情報資産を安全に保つために、従来のコンピューターと量子コンピューターの両方による攻撃に対して抵抗性のあるアルゴリズムを特定することを意味します。ソース: https://www.etsi.org/technologies/quantum-safecryptography.” これらのアルゴリズムは、多数のファームウェアおよびブート・プロセスの整合性を確保するために使用されます。IBM z16は、ファームウェアの複数の層にわたる耐量子暗号テクノロジーによって保護される業界初のシステムです。

 

Release Categories

日本IBM 広報代表

電話: 03-3808-5120

e-mail: PRESSREL@jp.ibm.com

その他お問い合わせ窓口一覧