ニュースリリース

人生100年時代への備え、三井住友信託銀行スマートフォンアプリ「スマートライフデザイナー」提供開始

マネーフォワードと日本IBMが共同開発。アプリで創る、お金の未来
Apr 1, 2022

2022年4月1日

日本アイ・ビー・エム株式会社

 

人生100年時代への備え、三井住友信託銀行スマートフォンアプリ「スマートライフデザイナー」提供開始

〜マネーフォワードと日本IBMが共同開発。アプリで創る、お金の未来〜

 

三井住友信託銀行株式会社(取締役社長:大山 一也、以下「三井住友信託銀行」)、株式会社マネーフォワード(代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「マネーフォワード」)と、日本アイ・ビー・エム株式会社(代表取締役社長:山口 明夫、以下 「日本IBM」)は、三井住友信託銀行が本日より提供を開始する、アプリで創るお金のミライ「スマートライフデザイナー」(以下「本アプリ」)を共同開発しました。

 

三井住友信託銀行は、人生100年時代に向け、老後の十分な生活資金を確保するための資産形成の必要性が高まる中、必要なお金をともにデザインし、お客さまのお金のミライを創るとのコンセプトのもと、本アプリの提供を開始しました。理想のライフプランの設計、家計や資産の一括管理機能から資産形成関連情報収集などのサービスを、まとめてスマートフォン上で無料で利用できます。

また、本アプリのログイン時には生体認証機能も利用でき1、インターネットバンキングに会員番号やパスワードを入力せずにログインできます。

SSMTB Smart Life Designer.png

本アプリ詳細  https://www.smtb.jp /personal/app

 

マネーフォワードは、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」というミッションを掲げ、世の中からお金に関する課題や悩みをなくすことを目指して、事業を展開しています。家計簿アプリをはじめとするFintechサービスの提供で培ったノウハウを活かし、本アプリのライフプランシミュレーション機能と、「マネーフォワードFintechプラットフォーム」のアカウントアグリゲーション2基盤を活用した家計簿機能の開発を担いました。

 

日本IBMは、様々な金融機関のモバイルアプリ開発の実績と、徹底したお客様志向に基づいてモノやサービスを創出する「デザイン思考」の知見を活かし、ユーザー・エクスペリエンス(UX: 顧客体験)を重視したデザインに基づくアプリ開発と、ウェブ画面、システム・アーキテクチャーの設計と構築まで、エンド・トゥー・エンドで支援、約1年の短期間でのリリースを実現しました。

 

三井住友信託銀行は、人生 100年時代のベストパートナーとして、今後も本アプリの機能を充実させ、すべてのお客さまの「ファイナンシャル ウェルビーイング」3の実現を目指します。

 

 

※1 本アプリを介したインターネットバンキングへのログインや生体認証のご利用にあたっては事前設定が必要です。

※2 アカウントアグリゲーションとは、APIまたはスクリーンスクレイピングを用いて、各金融機関等からのデータの取得を行うことです。

※3 「ファイナンシャル ウェルビーイング」とは、概ね「お金について安心で、管理できている状態。不測の事態に対する備えと将来に向けた準備ができている状態」を指します。

 

< 関連プレスリリース >

以上

 

※IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。

Release Categories

日本IBM 広報代表

電話: 03-3808-5120

e-mail: PRESSREL@jp.ibm.com

その他お問い合わせ窓口一覧