ニュースリリース

日本アイ・ビー・エム デジタルサービス株式会社(IJDS)、日本IBMグループ2社と合併へ

深い業界知識と最先端の技術力を融合し、お客様との共創によるデジタル変革の加速と地域創生を推進
Mar 31, 2022

2022年3月31日

 

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は、より高品質で効率的なシステム運用の提供や新しい技術を活用したお客様のデジタル変革を加速していくため、100%出資子会社の日本アイ・ビー・エム共同ソリューション・サービス株式会社(以下、CSOL)と日本アイビーエム中国ソリューション株式会社(以下、IGSCH)を、日本アイ・ビー・エム デジタルサービス株式会社(以下、IJDS)と2022年7月1日をもって合併することを発表しました(*)。

 

これまでCSOLは、九州地区と中国地区で、時代の変化に合わせて課題解決のソリューションを提供し、地域社会やお客様に信頼されている銀行との強固なパートナーシップのもと、基幹システムの共同アウトソーシングを支援してきました。金融機関に特化したITエンジニアリング会社として高品質のサービスを提供するとともに、基幹システムを銀行間で共同利用する新しいモデルの導入を推進しています。

IGSCHは、グローバルに展開する大手自動車メーカーのシステム構築・運用を担うアウトソーシング・サービスの提供を中心業務とし、自動車業界の業務知識と経験をベースに、基幹業務システムの開発・運用・保守や最新のCASE対応ソリューションを含むさまざまなITサービスを提供しています。

 

母体となるIJDSは、2020年7月1日に、金融機関や製造業のお客様支援で実績を持つ100%出資子会社3社が統合し設立されました。深い業務知識と広範囲の技術スキルを活用し、お客様の既存システムの安定稼働と新技術によるデジタル変革の実現を両面から支援し、お客様の戦略策定とその実現に取り組んでいます。

2022年1月にはテクノロジーの活用と共創でシステム開発を変革する「IBM地域DXセンター」を設立し、システム開発手法の高度化、地域のDX (デジタル・トランスフォーメーション)人財育成、またリモートでの新しい働き方を実現し、地域経済への発展に貢献しています。

 

この度のCSOLとIGSCHとの合併により地域の拠点を拡大し、また多様なプロジェクトへの参画を通して社員のスキルの選択肢やキャリアパスの幅を広げ、ITプロフェッショナルとしての可能性をさらに高めていくことができるようになります。

日本IBMグループでは、IJDSをはじめ、先進技術を駆使したアプリケーション開発から基幹業務の安定した運用まで、品質の高いシステム・サービスをビジネスのスピードに合わせて提供し、「テクノロジーを活用した共創パートナーシップ・モデル」によってお客様とともに変革を実現していきます。

 

  * 3社は、関連当局への届出等、必要な手続きを実施した上でIJDSを存続会社として合併します。

 

以上

 

会社概要:

会社名              日本アイ・ビー・エム デジタルサービス株式会社(IBM Japan Digital Services Company)

設立年月日       2020年7月1日

本社所在地       東京都中央区日本橋箱崎町19-21 日本IBM本社ビル

資本金              1億円  

代表取締役社長 井上 裕美

 

※IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。

 

 

Release Categories

日本IBM 広報代表

電話: 03-3808-5120

e-mail: PRESSREL@jp.ibm.com

その他お問い合わせ窓口一覧