ニュースリリース

GMOあおぞらネット銀行と日本IBM、ITシステム管理をAIで効率化

インターネットバンキングのパフォーマンス監視にIBM Observability by Instana APMを導入
Jan 26, 2022

2022年1 月26日

GMOあおぞらネット銀行株式会社

日本アイ・ビー・エム株式会社

 

GMOあおぞらネット銀行株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:金子岳人/代表取締役社長:山根武、以下 GMOあおぞらネット銀行)は、IT運用効率性向上の実現に向け、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口明夫、以下 日本IBM)のアプリケーション・パフォーマンス監視ソリューションであるIBM® Observability by Instana APM(以下 Instana※1:インスタナ)を本年1月から導入いたしましたのでお知らせいたします。

 

IBMのInstanaは、管理対象となるサービスの自動検出・依存関係を可視化、データや処理の流れを追跡する可観測機能と、アプリケーション・パフォーマンスの自動監視機能を備えたIBMのAIOps※2プラットフォームです。稼働場所に関わらず、複雑なアプリケーションやインフラストラクチャーのパフォーマンス監視・自動化、マイクロサービスにおける可観測性が期待できるサービスです。

 

GMOあおぞらネット銀行は、UXを損なわないようIT運用業務の効率性向上を必要としており、本年1月にこのSaaS版Instanaを導入いたしました。これにより、顧客情報を扱う銀行業務のシステムやアプリケーションの機密性や信頼性を担保しながら、パフォーマンス確保が可能となり、IT運用効率が向上します。

 

GMOあおぞらネット銀行は、今後、日本IBMの協力のもとInstanaを活用することで、インターネットバンキングのパフォーマンス監視やバックエンド環境の可視化・分析を効率化し、安定的なサービス提供とサービス拡充に取り組んでまいります。

 

■Instana導入イメージ

※1:Instanaは2020年にIBMにより買収合意されたAIOpsソリューションです。

https://jp.newsroom.ibm.com/2020-11-26-IBM-Acquires-Instana-to-Continue-Promoting-Hybrid-Cloud-and-AI-Strategy

 

※2:AIOps(エーアイオプス)とは、Artificial Intelligence for IT Operationsの略。人工知能や機械学習を組み合わせ、システムの安定運用を支援すること。

以上

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、Instanaは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US) をご覧ください。

Release Categories

日本IBM 広報代表

電話: 03-3808-5120

e-mail: PRESSREL@jp.ibm.com

その他お問い合わせ窓口一覧