ニュースリリース

旭化成が、従業員の「終身成長」を高める施策としてSAPの人事システムSAP® SuccessFactors®を採用

Dec 13, 2021

SAPジャパン株式会社

日本アイ・ビー・エム株式会社

 

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下 SAPジャパン)と日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口 明夫、以下 日本IBM)は、旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小堀 秀毅、以下 旭化成)が、SAPのクラウド人事システム「SAP® SuccessFactors®(エスエーピー・サクセスファクターズ)」を採用したと発表しました。

 

旭化成は、繊維・ケミカル・エレクトロニクス事業からなる「マテリアル」、住宅・建材事業からなる「住宅」、医薬・医療・クリティカルケア事業からなる「ヘルスケア」の3つの領域で事業を展開し、グローバルに成長を続けチャンスを追求しています。同社では、変化の激しい時代において、これまでの延長線上の成長を目指すだけではなく、変化に柔軟に対応し、企業価値を高めること、また多様な事業・技術の進化を進めていくことが不可欠であると考えています。

 

また、人財・技術・事業の「多様性」と「変革力」による新たな価値の創出に向けて、「人は財産、すべては『人』から」という基本思想のもとに、従業員の自律的成長を後押しし、多様な「個」が活躍できる基盤づくりを推進しています。

 

上記を実現する人事施策の骨子として、同社は『終身成長』をキーワードにして、「個の成長と強い組織を作るマネジメント力強化」「主体的キャリア形成と成長の支援」「多様な個やチームの強化」「人事の仕事の見直し」を掲げており、こうした取り組みに対応するため、様々な人事システムが検討された結果、SAP SuccessFactorsの採用に至りました。多様な個人の主体的なキャリア形成と成長を支える仕組み、マネジメント層が個々人の状況をリアルタイムで把握し、コミュニケーションを実施することができる仕組み、そして人財の『終身成長」を後押しする制度刷新に対する高い対応力が評価されました。

 

日本IBMは、これまで多くの企業のSAP SuccessFactors活用を支援してきた実績やIBM自身の利用経験をもとに、旭化成の新しい人財情報管理と後継者計画、キャリア開発のパイロット導入を実施し、SAP SuccessFactorsを用いた新業務プロセスのイメージ確認や、各種システム機能への理解を深めていくための支援をしてきました。

 

以上

 

SAP SuccessFactorsについて

SAP SuccessFactorsソリューションは、コア人事・給与計算、タレントマネジメント、人事アナリティクスと要員計画、従業員エクスペリエンス管理をサポートする、クラウドベースのHCMソフトウェアアプリケーションです。このスイートは現在、SAP SuccessFactors Human Experience Management (HXM) Suiteと呼ばれており、個別化されたエクスペリエンスの提供を通じて、従業員の満足度と生産性の向上、そしてエンゲージメントの深化を推進しています。

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
IBM、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。

 

Release Categories

日本IBM 広報代表

電話: 03-3808-5120

e-mail: PRESSREL@jp.ibm.com

その他お問い合わせ窓口一覧