IBMとAmazon Web Services、石油ガス業界のエネルギー転換の促進に向け協業
AWSとIBM Open Data for Industriesを連携し、包括的なOSDUデータ・ソリューションを提供

[アブダビ アラブ首長国連邦 - 2021年11月15日(現地時間)発]

IBMとAmazon.com,Inc.の関連会社 Amazon Web Services,Inc.(AWS)は、本日、アブダビ国際石油展示会・会議(ADIPEC)において、IBM Open Data for Industries for IBM Cloud Pak for DataAWSクラウドの利点を組み合わせ、エネルギー業界のお客様向けにサービスを提供していくと発表しました。この包括的なソリューションはAWSクラウド上のRed Hat OpenShiftで稼働し、お客様がAWSクラウドとオンプレミスでワークロードを実行するための機能を簡素化します。また、両社は、OSDUアプリケーションの実行場所の柔軟性や選択肢を拡張できるよう、将来的な機能の共同開発を行う予定です。

 

IBMとロイターが作成したホワイト・ペーパーによると、エネルギー業界は、低価格エネルギーへの需要が高まり続ける一方で、温室効果ガスの削減を迫られています。エネルギー企業は、将来に向けて新しい、より持続可能なエネルギー源の発見に投資するため、資金、時間、リソースの確保の効率化を促進できるソリューションを必要としています。データとデジタル・テクノロジーはこの転換への道筋を後押しするものですが、IBMの調査によると、このイノベーションの推進にデータを活用していると回答した石油・ガス企業の幹部は半分に満たないとしています。これは、デジタル化の取り組みの大半が、各社独自のクローズド・システムで行われており、データの価値を組み合わせて最大化する可能性を妨げていることが一因です。

 

このIBMとAWSの協業は、業界内のデータ障壁の打破を加速させることを目的としています。IBM Open Data for Industriesは、OSDUデータ基盤を用いた石油・ガス・エネルギー業界向けのオープンソース・ソリューションです。IBM Open Data for Industriesは、データ管理が容易になるようIBM Cloud Pak for Dataと完全に統合し、企業がアプリケーションを普遍的に実行・運用できるように設計されたKubernetesプラットフォームおよびオープン・アーキテクチャーであるRed Hat OpenShift上で稼働します。今回の協業により、お客様は、データ・レジデンシー要件に対応しながら、OSDUデータ・プラットフォーム・アプリケーションをAWSクラウドまたはオンプレミスで実行できる柔軟性を確保することができます。AWSクラウド・サービスの広範なクラウド・インフラストラクチャーと組み合わせることで、このデータ・プラットフォームは、エネルギー企業がデータの活用によって洞察を引き出し、運用を合理化し、持続可能なエネルギーを生成できるように移行するために必要なコスト、時間、リソースの削減を支援します。

 

AWSのエンジニアリング部門でバイス・プレジデントを務めるビル・バス(Bill Vass)氏は次のように述べています。「優れたサブサーフェスの意思決定など、複雑なエネルギー課題の解決に必要なデータの大半はすでに存在していますが、まだ活用されていない状態です。こうしたデータの最大の価値のひとつは、効果的な組み合わせによって引き出されるものですが、通常、このようなデータは、データ・レジデンシー要件、レガシー・アプリケーション、あるいは各社独自のデータ形式であるため、ロックされています。IBMと協力し、Red Hat OpenShiftを活用することで、あらゆるITインフラストラクチャー上で実行できる柔軟性を備えた、グローバルでシームレスなサービスをお客様に提供し、デジタル・イノベーションを長期的に推進していきます」

 

OSDU Forumは業界横断型の取り組みで、企業がエネルギー業界の共通規格に準拠したデータ・プラットフォームを開発するためのベンダー・ニュートラルな枠組みを提供します。IBMとAWSが協力することで、世界中のお客様に向けてこのプラットフォームの価値を高めていきます。この協業の目標は、エネルギー転換による変化に適応しながら、今日のエネルギー企業のニーズに柔軟に対応していくことです。

 

IBMのエネルギー、リソース、製造部門のグローバル管理ディレクターであるマニッシュ・チャウラ(Manish Chawla)は次のように述べています。「燃料エネルギーの転換を支援する上で、データは非常に重要な資産です。しかし、エネルギー企業はアプリケーションをオンプレミスかクラウドのどちらで実行するのかを選択しなければならないことが多く、また、実装環境ごとに独自のデータ形式が使用されていることも多々あります。つまり、これらのデータをすべて利用して洞察を集め、運用を強化し、情報に基づいてイノベーションを実現するといった目的で利用されず、一部のデータは未使用のままでした。IBMとAmazon Web Servicesの協業は、より容易にデータにアクセスしたいというエネルギー企業のお客様のニーズに対応するものであり、今日の課題を解決するとともに、業界の進化により容易に適応できる柔軟性に優れたソリューションを提供します」

 

今回の協業は、柔軟性を提供し、業界を横断して業務データのビジネス価値を高めることができるという、IBMとRed Hatの価値が明確に示されています。

以上

 

当報道資料は、2021年11月15日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。

https://newsroom.ibm.com/2021-11-15-IBM,-Amazon-Web-Services-Join-Forces-to-Help-Oil-Gas-Industry-Accelerate-Energy-Transition (英語)

 

IBM、ibm.com、IBM Cloud Pakは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。
Red Hatは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。
記載されている他のサービス名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。