2021 Call for Code Global Challengeの最優秀ソリューションにSaaf Waterを選出
水質に起因する死を防ぐために開発された、農村地域を対象にしたSaaf Waterのセンサーおよび分析プラットフォームが「第4回Call for Code Global Challenge」の最優秀賞を獲得
AI、ブロックチェーン、クラウドを活用して屋外での廃棄物除去の検証、追跡、報酬提供を担うテクノロジーがCall for Code University Editionの最優秀ソリューションに選出される

[米国ニューヨーク州アーモンク - 2021年11月16日(現地時間)発]

本日、Call for Codeの設立パートナーであるIBMと創設団体のDavid Clark Causeは、「第4回Call for Code Global Challenge」の最優秀ソリューションを発表しました。今年のGlobal Challengeでは、オープンソースを活用したテクノロジーで気候変動への対応を世界中のイノベーターに呼びかけました。Call for Codeは、世界中のソフトウェア開発者が喫緊の社会問題に対処する、最も大規模で意欲的な取り組みです。この取り組みは、問題解決のために高度な最新テクノロジーを活用し、最先端のソリューションを開発していきます。今年の最優秀ソリューションに選ばれたのは、農村地域で生活する人々のための利用しやすい水質センサーおよび分析プラットフォームのSaaf Waterでした。

インドのビハール州では、地下水のヒ素汚染に関連した病気が原因で、過去20年間に同じ家族内で9人が死亡しました。さらに多くの人々が病気にかかり、インドのゴアに住む、Saaf Waterのチーム・メンバーの母親もその1人でした。居住地域、さらには全世界での被害拡大を阻止するために行動を起こしたSaaf Waterは、水質情報の入手と理解を容易にするため、IBM CloudとIBM Watsonを利用してソリューションを構築しました。設置されたハードウェアとソフトウェアのプラットフォームは、地下水を監視し、推奨される浄化方法と水質の概要を提供するよう設計されています。

Saaf Waterには20万ドルが授与され、このソリューションの改良、テスト、導入に関して、IBMのボランティア「IBM Service Corps」やCall for Codeエコシステムの専門家パートナーからの支援、また、インドを拠点とするチームには、Linux Foundationからの支援を受けることができます。これにより、アプリケーションがオープンソース化され、世界中の開発者がこのテクノロジーを改良、拡張して利用できるようになります。

The Nature Conservancy Indiaのマネージング・ディレクター アンナプルナ・ヴァンチェスワラン(Annapurna Vancheswaran)博士は次のように述べています。「不衛生な水質状態は依然として地球規模の重大な問題で、インドの多くの農村は非常に深刻です。Saaf Waterを生み出した開発者のチームは、水に起因する病気に対処するうえで必要な情報を得られるよう支援するソリューションを構築しました。私たちはSaaf WaterとCall for Codeのミッションを共有し、最も必要とされる場所にテクノロジーを導入したいと考えています」

元大統領のビル・クリントンをはじめとする、サステナビリティー、ビジネス、テクノロジーの著名なリーダーを含む審査員は、Saaf Waterに最優秀賞を授与しました。この他、4つのソリューションが高く評価されました。各ファイナリストは、気候変動コンペティションの3つのサブテーマ「浄水と衛生」、「ハンガー・ゼロ(飢餓のない社会)」、「責任ある生産とグリーン消費」に対処するソリューションを開発しました。

Red Hat OpenShiftIBM CloudIBM WatsonIBM Blockchainなどのオープンソースを活用したソフトウェアや、IBMのThe Weather Companyが提供するデータ、開発者のリソース、EsriTwilioなどのパートナーが提供するAPIを使用して、これまでに2万を超えるCall for Codeアプリケーションが開発されています。Linux Foundationによるオープン・ガバナンスには14のCall for Codeプロジェクトが取り入れられました。

IBMのワールドワイド・エコシステム担当のシニア・バイス・プレジデントであるボブ・ロード(Bob Lord)は次のように述べています。「Call for Codeの世界的な活動が拡大し続けています。現在では、180カ国で50万人以上の開発者と問題解決の専門家を擁するまでになっています。Call for Codeが他に類を見ないのは、世界中のコミュニティーへの導入を通じて現地に影響を与えていることです。Saaf Waterのようなテクノロジーは非常に大きな潜在性があり、人類を救う可能性があります」

気候変動に取り組む、2021年の上位入賞ソリューション

Saaf Waterに加えて、4つの気候ソリューションが上位に入賞しました。第2位は、農業の持続可能性の向上に主眼を置いた、地域の生産者と消費者を結びつけるアプリGreen Farmが選出され、25,000ドルを獲得しました。第3位は、個人が責任をもって自分のデバイスを廃棄できるようにするアプリProject Scavengerが選出され、25,000ドルを獲得、第4位は、サプライ・チェーンの透明性を消費者に伝えることを目指したオンラインのブラウザー拡張機能Honestlyが選出され、10,000ドルを獲得しました。そして、第5位は、在庫追跡と廃棄物測定のプロセスを自宅で簡単に可能にする使いやすいモバイル・アプリPlentiが選出され、10,000ドルを獲得しました。

Call for Codeの創設者でDavid Clark CauseのCEOを務めるデビッド・クラーク(David Clark)氏は次のように述べています。「2018年にCall for Codeを創設以来、世界中の開発者とイノベーターは要求に応え続けています。Call for Codeがもたらす影響にはいつも驚かされます。これは、世界各国でこの取り組みを推進するIBMerの熱意と地球規模の活動、さらにはLinux Foundationや国連人権委員会などの献身的なパートナーの支援によるところが大きいと思います」

合計で42の地域別ファイナリストと地域の受賞者(アジア太平洋、ヨーロッパ、大中華圏、インド、ラテン・アメリカ、中東およびアフリカ、北米)がこのイベントで選出されました。

大学カテゴリーの受賞者

クリントン財団の副会長であるチェルシー・クリントン(Chelsea Clinton)氏は、IBMとクリントン・グローバル・イニシアチブ大学のコラボレーションであるCall for Code University Editionの優秀ソリューションを発表しました。

AI、ブロックチェーン、クラウドを使用して屋外での廃棄物除去の検証、追跡、報酬提供を担うテクノロジーのTrashtagが最優秀ソリューションに選出され、1万ドルが授与されます。さらに、チーム・メンバーにはIBMでの採用面接の機会も与えられます。

実際の導入によるCall for Codeソリューションの活用

Call for Codeのエコシステムは、起業支援と実際の導入によってソリューションを活用します。2020年のCall for Code Global Challengeで最優秀ソリューションに選出されて以降、Agrollyパーソナライズされた農業技術アプリの利用者をインドとモンゴルの1,600以上の農家に拡大しました。

2019年のCall for Code Global Challengeで最優秀ソリューションに選ばれたPrometeoは、Linux Foundationが管理しているPyrrhaプロジェクトを通じて、消防士の健康モニタリングと安全性のテクノロジーを2021年にオープンソース化しました。

さらに、10月のNational Voter Education Week(全米投票者教育週間)の期間中に、IBMとYMCA of Metropolitan Los Angelesは、Call for Code for Racial JusticeのプロジェクトFive Fifths Voterを導入しました。これは、不平等な扱いを受けている、権利を奪われたコミュニティーに属する米国内の投票者へ教育と権限付与を支援し、機会の提供をもたらすWebベースのアプリケーションです。

今回の発表は、オンライン・イベント「2021 Call for Code Awards: Solving the world’s problems with tech」で行われました。アーカイブはこちらでご覧いただけます。

Call for Code Global Challengeについて

開発者は人々の生活に変革をもたらし、ほぼすべての人・物との関わり方を根本的に変えています。開発者は、人々の課題に可能性を見いだします。そうした理由から、David Clark CauseのCEOであるデビッド・クラーク(David Clark)氏は、2018年にCall for Codeを創設し、設立パートナーのIBMやグローバル・パートナーの国連人権委員会と共同でその活動を開始しました。

3,000万ドルが投入されたこのグローバルな取り組みは、開発者が最新テクノロジーのスキルを活かし、コードを通じて積極的かつ持続的な変化を世界中にもたらすことをスローガンに掲げています。Call for Codeのコミュニティーは、国連人権委員会Linux Foundation国連防災機関クリントン財団クリントン・グローバル・イニシアチブ大学Arrow ElectronicsIngram MicroIntuitCaribbean Girls HackKode With KlossyWorld Institute on DisabilityEsriSamsungBlack Girls CodeHeifer InternationalThe Nature Conservancycharity:waterなどで構成されています。

Call for Code Global Challengeの優勝ソリューションは、さらなる開発と継続的な改良が加えられ、コミュニティーの支援を得てポジティブな変化をもたらす持続可能なオープンソース・プロジェクトとして展開されます。

以上

当報道資料は、2021年11月16日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
https://newsroom.ibm.com/2021-11-16-IBM-and-David-Clark-Cause-Crown-Saaf-Water-Winner-of-4th-Annual-Call-for-Code-Global-Challenge  (英語)

※IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Cloud、IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。
Red Hatは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。