SCSK、IBMメインフレームに関する包括的なサービスをワンストップで提供
ITインフラの提供から設計、構築、モダナイゼーション、運用管理まで

2021年10月25日
SCSK株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員 社長 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)と日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 山口 明夫、以下 日本IBM)は、SCSKがビジネスパートナーとしてIBMのメインフレーム「IBM Z」の再販契約を締結し、両社の協業を拡充していくことを発表しました。これをもとにSCSKは、メインフレームを利用しているお客様のITインフラストラクチャーの将来構想策定から提供、設計、構築、モダナイゼーション、運用管理まで、ワンストップでシームレスに支援し、メインフレーム・トランスフォーメーションを実現するサービス「MF+(エムエフプラス)」の提供を2021年10月25日から開始します。

多くの企業でデジタル変革が加速し、企業のIT環境には、データやAIを活用した新たなデジタル技術の活用や社内外の幅広い関係先との連携など、オープンでハイブリッドな環境へトランスフォーメーションしていくことが求められています。そのため企業では、メインフレームをはじめ自社で所有・管理しているシステムに加え、クラウドやエッジ、IoT機器など、多様なシステムが緊密に連携する新しいIT基盤の構想策定やそうしたシステムの実装が課題となっています。

SCSKは、「MF+」によりお客様のメインフレーム・トランスフォーメーションを共に推進する役割を担っていきます。メインフレーム基盤の最適化、ハイブリッドクラウド環境へのシームレスな統合を進め、お客様のDXを戦略的に実現していくために優れた信頼性とセキュリティーを提供する「IBM® Z」の潜在能力を引き出します。お客様のビジネスを支えるメインフレーム上のアプリケーションとデータの価値を最大限に活かし、より高い投資対効果の実現、お客様ビジネスのさらなる加速を推進していきます。

日本IBMは、AIなどの最新技術の活用やグローバルで培ってきたメインフレーム・アプリケーションのモダナイゼーション、大規模システムの移行や運用に関するノウハウなどを通じ、SCSKを支援していきます。また、両社は協業を通じ、お客様のDXを推進していきます。

 

 

 

 

 

IBM、ibm.com、IBM Zは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。 現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。
その他の製品名、会社名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

 

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
SCSK株式会社
ソリューション事業グループ
マネジメントサービス第二事業本部 金融マネジメントサービス第六部
E-mail:mainframe-sales@ml.scsk.jp