NECがアプリケーション・パフォーマンス管理ソリューションに
IBM Observability by Instana APMを採用
日本IBMとの協業でハイブリッドクラウド管理ソリューションを拡充

2021年10月5日
日本アイ・ビー・エム株式会社

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は、日本電気株式会社(以下、NEC)がアプリケーション・パフォーマンス監視および可観測性を向上するソリューションとして本年9月27日から「IBM Observability by Instana® APM」の提供を開始し、NECのハイブリッドクラウド管理ソリューションの拡充を支援していくことを発表しました。

デジタル変革の加速にともないIT環境は、自社で所有・管理しているシステムに加えて、複数のクラウドやエッジ、IoT機器など、多様なシステムが連携するハイブリッドな環境になってきています。こうした環境では、同じアプリケーションが一貫したアーキテクチャーでどこでも稼働するコンテナ化やマイクロサービスの活用などのクラウドネイティブ化が不可欠となります。これにより、アプリケーションやシステムの複雑性が増すため、稼働状況を自動で監視・管理するソリューションが求められています。

NECは、統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」を提供し、インフラからアプリケーションにわたる多様なICTシステムの運用をシンプルにしてお客様のビジネス・イノベーションを強力に支援してきました。
日本IBMは、今回、IBM Observability by Instana APMをNECに提供することで、アプリケーションの可観測性向上を実現し、パブリッククラウドからプライベートクラウド、オンプレミスまで、多様な環境で稼働するクラウドネイティブ・アプリケーションなどのパフォーマンス管理の強化を支援していきます。

IBMは2020年11月にInstana社の買収を発表し、Instanaが提供する機能を、IBM のAIを活用したハイブリッドクラウド環境でのIT運用自動化機能を提供する IBM Cloud Pak for Watson AIOps 製品群に組み入れることで、運用の高度化を強化しています。
これにより、IT担当者はアプリケーションを手動で監視・管理する必要がなくなり、より付加価値の高い仕事に専念できるようになります。

日本IBMはNECと今後もハイブリッドクラウド市場でのソリューション拡充を図り、お客様のデジタル変革を加速していきます。

以上

NEC統合運用管理ソフトウェアWebSAMではInstanaを以下のURLで紹介しています。
https://jpn.nec.com/websam/instana/

IBM Observability by Instana APMについては以下のURLをご参照ください。
https://www.ibm.com/jp-ja/cloud/instana

IBM Cloud Pak for Watson AIOpsについては以下のURLをご参照ください。
https://www.ibm.com/jp-ja/cloud/cloud-pak-for-watson-aiops

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud Pak、Instanaは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。
本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。