Slack活用で企業のDXにおける組織変革や新しい働き方の導入を加速
サービスパートナー契約を締結

2021年6月24日

日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、社長:山口明夫、以下 日本IBM)は、Slack Technologies, Inc (本社:米国カリフォルニア州、CEO  スチュワート・バターフィールド 以下Slack)とのサービスパートナー契約を本年6月11日に締結しました。Slackは、業務上のシステムを1カ所にまとめチームの生産性の最大化を支援し、組織をまたいだオープンでスピーディなコミュニケーションを可能にするビジネス用のメッセージプラットフォームです。日本IBMの持つさまざまな業界におけるスキルや知見を生かすことでコラボレーションや業務プロセスをより一層深化させられるようになり、両社は企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)における組織変革力や新しい働き方導入の加速を支援します。 

新しい働き方への変革が喫緊の課題となる中、在宅勤務の推奨だけではなく、多様な人材に活躍の場を広げる柔軟な働き方としてリモートワークを積極的に推進していく企業が増えています。そのため、コミュニケーションを迅速かつ活発に行うことでチームの組織力や組織変革力を高めることや、業務プロセスに合わせた情報活用や効率化を支援するIT環境構築を通じた、組織としてのアジリティーの獲得が企業競争力の鍵となっています。

IBMはグローバルで従業員がSlackを活用し、日本IBMにおいてもSlackをコミュニケーション変革や生産性向上の取り組みとして活用しています。また、幅広い業務システムとの連携も進めており、例えば、システム運用プロセスにSlackを組み込み、障害アラートをSlackチャンネルへ連携することで速やかな対応につなげたり、Slack上でボットを使って交換部品の在庫確認やオーダーをチャット形式で実行できるようにする取り組みもあります。

日本IBMは、このような自社で培ってきた経験や、グローバル全体でさまざまな業界のお客様に提供してきた豊富なスキルや知見を生かして、Slackとともに、お客様企業の組織変革や新しい働き方の実現に向けた取り組みを進めます。具体的には、新しい働き方の導入・定着に向け、IBMが提唱する30以上のユースケースの提供やコンサルティング、ビジネスと連動したコラボレーション基盤の構築などを共同で提供します。特に、AIやアナリティクスといった最先端テクノロジーとSlackとの連携を通じ、より高度な業務プロセスの変革を加速します。これにより、チームとしての組織力を強化し、加えて業務の効率化や生産性向上を図ることができ、デジタル・トランスフォーメーションを推進できるようになります。

IBMは、AIや自動化を活用して業務を効率化することにより変革を進めていくインテリジェント・ワークフローを推進し、お客様のデジタル・トランスフォーメーションに共に取り組んでいます。今回の発表により、コミュニケーションやコラボレーションを核としたさらなる価値の提供を強化していきます。

以上

Slack はチャンネルをベースとしたメッセージプラットフォームの先駆者です。私たちはこれまでビジネスコミュ ニケーションのあり方を大きく変えてきました。今や何百ものユーザー企業の皆さまが Slack を使ってチームの 目指す方向を揃え、使うシステムを 1 カ所にまとめ、ビジネスを前に進めています。安全かつ世界最大規模の企 業に対応できるエンタープライズ級の環境を提供できるのは Slack だけです。

たくさんのビジネステクノロジーが存在するなかで、Slack はまったく新しいレイヤーだと言えます。「一緒に 働く」がより効率的になり、使っているすべてのソフトウェアツールやサービスを 1 カ所にまとめられ、必要な 情報が簡単に見つかる場所。つまり Slack は仕事の中心なのです。

HP:https://slack.com

公式画像素材:https://brandfolder.com/slack

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。