NSSOLと日本IBM、協業により5G・エッジソリューションを推進

2021年5月31日
日鉄ソリューションズ株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社

日鉄ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森田 宏之、以下 「NSSOL」)と日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口明夫、以下「日本IBM」)は、デジタルトランフォーメーション(DX)を推進する企業が、通信事業者の5Gやローカル5Gを利用し、エッジコンピューティングを高度に活用するために必要なアプリケーションプラットフォームの提供に向けて共同で検討してきました。

今回両社は、5Gの本格化に伴い市場が拡大するエッジコンピューティング、エッジAI、ハイブリッド・マルチクラウドのプラットフォーム管理に関する新技術について検証、検討し、2021年6月以降に新しいソリューションの提供を開始していく計画です。

企業のお客様がDXの推進に5Gを最大限に活用する際、低遅延の実現やセキュリティー強化、ネットワーク負荷の低減が課題になります。これらを解決する手法としてエッジコンピューティングが注目されています。一方でエッジコンピューティング環境は多数のおよび異なる種類のデバイスが設置されることも多く複雑性が高くなる傾向にあります。こうした環境では、アプリケーションの導入・メンテナンスが課題となり、設置場所が分散されることも多いため保守要員をオンサイトに配置することが現実的ではない場面が多々あります。そのため、自律的かつセキュアな手法でエッジアプリケーションのライフサイクル管理を自動化していくことが重要になります。こうした要望に対応するため、両社はエッジコンピューティング向けの最初のソリューションとして、IBM Edge Application Managerをエッジアプリケーションのセキュアなライフサイクル管理向けに提供していく予定です。

IBM Edge Application Managerは、エッジコンピューティング環境へのビジネスロジックや分析アプリケーションの導入や拡張についての自律的な管理機能を提供するインテリジェントなプラットフォームを実現するソリューションです。数万のエンドポイントを持つような大規模で多様かつ変化の激しアプリケーション環境を、一人の管理者で管理できるようになります。

NSSOLはこれまで通信事業者に対するネットワークインフラの構築や運用実績にもとづき、企業のお客様が通信事業者のネットワークや自営通信網を構築する際に必要となる要件や運用要件を踏まえ、日本IBMと連携しエッジコンピューティングの活用に必要となるソリューションを企画、提供していく予定です。

日本IBMの常務執行役員 パートナー・アライアンス事業本部長 三浦 美穂
「エッジコンピューティングは、お客様がDXを推進していく中で、不可欠な技術になってきています。当社は、今回のNSSOLとの協業を通じ、オンプレミスからクラウド、エッジ、デバイスまで、多様なシステムが連携しながらそれぞれの場所で稼働するハイブリッドなIT環境で、安全かつ拡張性の高いソリューションを提供していきます」

NSSOLの執行役員 テレコムソリューション事業部長 吉田 利昭
「この協業は、New Normalにおけるお客様の変革を支援いたします。NSSOLが現在取り組んでいる5G・エッジソリューションを、エンタープライズ規模のエッジコンピューティングやAIの活用におけるIBMのテクノロジーを組み合わせることで、お客様のデジタル・トランスフォーメーションDX推進を支援していきます。お客様は、NSSOLが一元的に提供するエッジソリューションを活用することで、新技術を活用して迅速、安全に、よりよい顧客体験を提供できるようになります」

以上

NS Solutions、NSSOL、NS(ロゴ)は、日鉄ソリューションズ株式会社の登録商標です。
IBM、IBMロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。
本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。