IBM、分社するマネージド・インフラストラクチャー・サービス事業の新会社の社名を「Kyndryl」と発表

2021年4月12日

[米国ニューヨーク州アーモンク 20214月12日(現地時間)発]

IBMは本日、マネージド・インフラストラクチャー・サービス事業の分社によって、2021年末までに設立を予定している新しい独立した会社の名前をKyndryl(キンドリル)と発表しました。

Kyndrylの最高経営責任者(CEO)であるマーティン・シュローターは次のように述べています。「Kyndrylは真のパートナーシップと成長の精神を表現しています。世界中のお客様は、Kyndrylを発展の中核となる重要なシステムの稼働を支えるブランドとして、また、業界で最高のグローバルな人財を持つ独立した会社として認識するようになるでしょう」

また、Kyndrylは本社をニューヨーク市に置くことを発表しました。 シュローターは「世界で最も活気がある、グローバルな大都市のひとつに拠点を置くということは、世界中の都市の経済に対する私たちのコミットメントを明確に示しています」と述べています。 

Kyndrylは、新会社のアイデンティティーとミッションの中心となる 2 つの言葉を組み合わせたものです。  「Kyn」は「kinship キンシップ」から派生し、社員、お客様、パートナーといった人々との関係が戦略の中心にあり、長期にわたる関係を構築して育む姿勢を表しています。「dryl」は「tendril テンドリル」から派生し、新しい成長と、お客様やパートナーと共に、常に人類の進歩に向けて取り組んでいるという考えを思い起こさせます。 

「社名をつけることは、ブランドとしての私たちの旅の始まりにすぎません」と、Kyndrylの最高マーケティング責任者(CMO)のマリア・バルトロメ・ワイナンズは述べています。「社名によって会社としてのアイデンティティーは確立されますが、その名前の意味は、私たちの振る舞い、志、行動によって、時間と共に創られ、拡大していくでしょう。私たちのビジョンは、世界の主要なビジネスや組織の重要なテクノロジー・インフラストラクチャーを設計、運営、およびモダナイズし、究極的には人類の進歩を後押しするリーディング・カンパニーになることです」

独立した企業として、Kyndryl は先進的なテクノロジー・パートナーの多様なエコシステムと協業していきます。Kyndryl は、業界で最も経験の豊富な人財と、世界で最も複雑なテクノロジー環境を擁する企業を含む 4,600 社のお客様を持ち、 お客様が強固でセキュア、かつレジリエントで適応性のあるデジタルのケイパビリティーを構築することを支援します。

Kyndrylについて

Kyndryl は、業界で最も経験の豊富なサービス専門家により、世界で最も重要なビジネスや組織のために、最もモダンで効率的、かつ信頼性の高いテクノロジー・インフラストラクチャーを設計、実行、管理します。  詳しくは、www.kyndryl.com を参照してください。

IBMについて

IBM は、世界をリードするハイブリッドクラウドと AI、およびビジネス・サービスを提供しています。  世界175カ国以上のお客様の、データからの洞察の活用、ビジネス・プロセス効率化、コスト削減、そして業界における競争力向上を支援しています。 金融サービス、通信、ヘルスケアなどの重要な社会インフラ領域における約 3,000 の政府や企業が、IBM のハイブリッドクラウド・プラットフォームと Red Hat OpenShift によって、迅速に、効率良く、かつセキュアにデジタル変革を推進しています。IBM は、 AI、量子コンピューティング、業界別のクラウド・ソリューションおよびビジネス・サービスなどの画期的なイノベーションを通じて、オープンで柔軟な選択肢をお客様に提供します。 これらはすべて、信頼性、透明性、責任、包括性、ならびにサービスに対する IBMのコミットメントに裏付けられています。 詳しくは、 www.ibm.com を参照してください。

当報道資料は、2021年4月12日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。

https://newsroom.ibm.com/2021-04-12-IBMs-Independent-Managed-Infrastructure-Services-Business-to-be-Named-Kyndryl (英語)

以上

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。