千葉銀行の法人向けデジタルサービス「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援
TSUBASAアライアンス参加行向けデジタルサービス・プラットフォーム「TSUBASA FinTech共通基盤」を活用

2021年4月2日

日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口 明夫、以下 日本IBM)は、株式会社千葉銀行(本社:千葉県千葉市、取締役頭取:佐久間 英利、以下 千葉銀行)が法人領域におけるデジタル・トランスフォーメーション推進のために提供する法人向けデジタルサービス「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援したことを発表します。

千葉銀行は、第14次中期経営計画 「NEXT STEP 2023 ~未来へ、つながる・超える~」において、「お客さまの未来のために新たな価値を創造し続ける」ことを目指しています。その施策の一環として、「デジタルテクノロジーや情報資源の活用による新たな価値の提供」を進めており、法人・個人事業主のお客さま向けの新たなデジタルチャネルとなる「ちばぎんビジネスポータル」の提供を本年4月1日から開始し、法人領域におけるデジタル・トランスフォーメーションをさらに推進しています。 

「ちばぎんビジネスポータル」は、T&Iイノベーションセンター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:森本 昌雄)が開発・運用するデジタルサービス・プラットフォーム「TSUBASA FinTech共通基盤」を活用し、フィンテック企業等の外部事業者が同一の仕様で接続できるオープンAPIにより、デジタルテクノロジーや情報資源を活用できます。

さらに、日本IBMの金融業界のお客様向けの包括的な枠組み「オープン・ソーシング戦略フレームワーク」の一つである金融イノベーションラボの知見や技法を活用することで、法人向けのデジタル・トランスフォーメーションの将来像を共創し、具体的なユースケースとシステムソリューションを一体的に実現できるよう目指します。これにより、千葉銀行はより一層の新たな価値創造を推進することができます。

日本IBMは、「オープン・ソーシング戦略フレームワーク」の中核ソリューションとして金融サービス向けデジタルサービス・プラットフォーム(IBM Digital Services Platform for Financial Services、以下 DSP)を位置付けています。今後、開発・提供する「DSP」の汎用的な業務マイクロサービス群とそれらを利用するための各種APIを「TSUBASA FinTech共通基盤」で活用いただくことで、戦略的なお客さまサービスの独自性を維持しながらも、アプリケーション開発の加速と投資コストの効率化に貢献してまいります。

日本IBMは、さまざまなお客様のデジタル・トランスフォーメーションについて共に取り組むことを推進しており、昨年5月に「デジタル変革パートナーシップ包括サービス」を発表し、さらに強化していきます。

オープン・ソーシング戦略フレームワークおよびDSPについての詳細はこちら

<TSUBASA FinTech共通基盤を活用したちばぎんビジネスポータルのイメージ>

<TSUBASA FinTech共通基盤を活用したちばぎんビジネスポータルのイメージ>

ご参考:

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。