SMBCモビット、デジタル変革とさらなる顧客体験向上のためインターネット基盤を刷新し、Red Hat OpenShiftを採用

2020年9月28日

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下 日本IBM)は、株式会社SMBCモビット(以下 SMBCモビット)のインターネット基盤を刷新し、さらなるネット取引の拡充や、お客様の利便性および顧客体験向上を支援するための俊敏性やセキュリティーを兼ね備えた次世代システム基盤を構築することを発表しました。次世代システム基盤には、Red Hat OpenShiftを採用します。

SMBCモビットでは、「最新テクノロジーを活用し、新たな金融価値の創造に挑戦します」を企業理念とし、お客様とのかわらぬ信頼関係を築くために、常に最新で最適な商品の開発とサービスの提供を目指しています。スマホチャネルを中心としたお客様との接点の変化に対応して、さらなるネット取引の拡充や、お客様の利便性および顧客体験向上を推進するためには、サービス拡充に迅速かつ柔軟に対応できる俊敏性や高度なセキュリティーを確保した次世代のシステム基盤が必要とされていました。

今回のシステム基盤構築においては、IBM の「クラウド・モダナイゼーション・サービス」を活用して20年前に構築したシステム基盤を再構築し、クラウド技術を新たに採用しながら既存システムとの連携を図ることで、新たな価値を生み出すよう基盤を刷新しました。例えば、セキュアで標準化された連携プラットフォームを構築したことにより、他社との連携や他社のサービス活用を容易にし、顧客サービスの向上を支援します。また、従来はシステム毎に大規模な更改を実施してきましたが、基盤を刷新するとともにマネージドサービスを活用することで、基盤の維持にかかるコストを削減します。さらに、オープンソースを活用し、自動化されたデリバリーパイプラインを構築するとともに開発スタイルの変革に取り組み、開発に要する期間を短縮して新たなサービスをタイムリーに提供できるようになります。

今回、現行のインターネット・システム基盤の刷新に、業界で最も包括的なエンタープライズKubernetes基盤であるRed Hat OpenShiftとクラウド・モダナイゼーション・サービスが採用されました。Red Hat OpenShiftは、複雑なハイブリッドクラウド環境全体でアプリケーションのイノベーションを実現する単一のプラットフォームを提供するKubernetes基盤です。クラウド・モダナイゼーション・サービスは既存の機能を維持しつつ、最新化されたアプリケーション・フレームワークをベースにクラウドネイティブ/コンテナ化を行うことで、保守性・拡張性の高い柔軟なアプリ構造を実現します。さらに、セキュリティーが強化された、より高可用なシステム基盤上で、アプリ開発から運用まで一貫したサービスが提供されます。先進の外部クラウドサービスの活用を取り込み、SMBCモビット様における最新テクノロジーの選定と新たな金融価値の創出を、スピード感をもって提供することが可能になります。

日本IBMは、グローバルで培ったスキルや知見および日本での豊富な導入経験を活用し、構想策定に関するコンサルティングから、要件定義、システム導入、人材育成までを一貫して提供し、高品質なシステムの導入を支援しました。今後もシステム開発・運用を通じてSMBCモビット様の事業基盤強化を支援していきます。

以上

IBMとRed hatについて詳しくはこちら:
https://www.ibm.com/jp-ja/cloud/redhat

IBM、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。
Red Hat、OpenShiftはRed Hat, Inc.またはその子会社の米国およびその他の地域における登録商標または商標です。