RPAによるデジタルレイバーの運用を遠隔監視するサービス「オートメーション・オペレーション・コマンド・センター」の日本での提供を開始

2020年9月1日

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は、「オートメーション・オペレーション・コマンド・センター(以下、AOCC)」を日本のお客様向けに新たに開始しました。AOCCは、デジタルレイバー(仮想知的労働者)の遠隔監視、運用、メンテナンスを実行・支援するサービスです。

手作業で行っていた定型的な作業をデジタルレイバー(RPAに代表される自動化ツールやAIを利用して作成されたソフトウェア・ロボット)に代替させて自動化する取り組みが、企業全体に広まっています。業務の効率化が進む一方、デジタルレイバーの運用負荷が増えている状況が広まり、一括して遠隔監視や品質管理を代行するサービスへの期待が高まっています。

AOCCは、2017年から世界中の180社以上、1,800以上の稼働中のデジタルレイバーを監視してきた実績のあるサービスです。IBMの監視センターから、次の内容を提供します。

  • デジタルレイバーの有効化(品質チェックとスケジュール調整)
  • プロアクティブ稼働監視(操作対象アプリや依存するインフラを含む)
  • 統合インシデント管理(チケット起票、通知、エスカレーション設定)
  • AI診断と自動復旧
  • 問題判別用ログ検索とクイックFix
  • 運用メトリクス管理と洞察に基づく改善提案

このサービスによって、デジタルレイバー運用業務の効率化と高品質化を強力に推進し、運用業務に関連する煩雑な作業からお客様を解放します。また、高度に自動化された一連のサイクルを継続的に実行することで、高付加価値業務へのさらなるシフトと業務の自動化を支援します。

セキュアに運用されたIBM Cloud上でのSaaS提供の場合、価格は月額45万円からで、サービス時間や監視対象デジタルレイバー数などに応じて変動します。また、初期費用は別途必要となります。

Automation Operations Command Centerの詳細はこちら

以上

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Cloudは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。