生産性向上と業務革新の一層の推進を図るため
京セラがデータ活用基盤を構築
IBMのデータ活用プラットフォーム「IBM Cloud Pak for Data」を導入

2020年6月12日
京セラ株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社

京セラ株式会社(代表取締役社長:谷本 秀夫、以下京セラ)は、生産性向上および業務革新を進めるため、2017年10月より、全社のデータ活用基盤の構築を進めております。このたび、データ活用をより一層推進するため、日本アイ・ビー・エム株式会社(代表取締役社長:山口 明夫、以下日本IBM)が提供するデータ活用プラットフォーム「IBM Cloud Pak for Data」を採用し、本年5月より稼働を開始しましたのでお知らせいたします。

IBM Cloud Pak for Data

■「IBM Cloud Pak for Data」導入の経緯
京セラが、生産性向上および業務革新を図るため、全社的なデータ活用基盤の構築を進める中で、「社内に点在するシステムやデータの統合や連携」、「工場IoTで収集する生産データの有効活用」などの課題がありました。
新たに導入する「IBM Cloud Pak for Data」は、データを収集、編成、分析するためのデータ活用プラットフォームです。例えば、各工場内でシステムごとに蓄積されているさまざまなデータを統合し、工場内で日々生成される膨大なデータをリアルタイムにAIで分析し、さらなる洞察を得られるようになります。

この「IBM Cloud Pak for Data」の活用により、これまでデータサイエンティストが実施する作業の多くを占めていたデータ準備(収集・蓄積・理解・加工)の負荷を低減することや、同一プラットフォームでシームレスにデータ分析を行うことができるため、分析作業により多くの時間を割くことが可能となります。

今後京セラは、日本IBMの協力を得てデータ活用基盤を構築することにより、生産性の向上、業務変革、効率化を一層推進するとともに、事業部間での連携による新たなビジネスモデルの創出を目指してまいります。

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Cloud Pakは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。