荏原製作所のIoT活用に、RFID「STARシステム」を採用

2020年3月5日

日本IBMは、荏原製作所(以下 荏原)の富津工場におけるカスタムポンプの製造ラインに、広範囲な空間をカバーできるACCELIOT社のRFIDシステム「STAR システム」が採用され、本年より稼働を開始したことを発表しました。日本IBMは、STARシステム導入の豊富な実績を生かし、コンサルティングから導入、運用を支援します。

荏原グループは、「水と空気と環境の分野で社会に貢献する」という志を、創業以来100年以上にわたって果たしてきました。社会インフラや産業インフラを支える荏原の事業を通じて、時代ごとの社会の課題を解決しながら持続的に成長を続け、企業価値を向上させることを目指しています。その一つの取り組みとして、さらなる製品品質の向上や業務の効率化を追求するなかで、IoTを活用した製造工程の変革を推進しています。

STAR システムは、最大2万5,000平方メートルという広範囲な空間をカバーでき、タグを付けた商品や人などを200メートル以上離れた遠距離でも感知できるRFIDシステムです。タグに電力を供給する機能(送信機)とタグからのデータを読み取る機能(受信機)を独立した装置に分けているため、システム単位で拡張する必要がある一般的なRFIDと比べて、送信機の追加だけで簡単に拡張できます。これにより、システム全体を柔軟かつ安価に拡充でき、電源や配線の拡張コストも低減できます。また、送信機の座標、受電電波強度、入射角からタグの位置を測定するため、空間としてのデータを収集するため、高精度の位置情報データを得られることも特長です。

今回稼働を開始したSTAR システムは、カスタムポンプの製造ラインの300メートル×80メートルの範囲に導入され、柱に設置した262台のアンテナからの電波により起電したタグを検知し、位置情報データを収集します。これにより、タグのついた部品の位置情報から在庫管理や所在管理が可能となります。今後は、STAR システムから得られたデータを分析し活用すると共に、他の工場へ展開することも検討しています。

以上

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。