ベネフィット・ワン、デジタル変革加速のためのシステム基盤として
Red Hat OpenShift上で稼働するIBM Cloud Pak for Integrationを採用
ハイブリッド・マルチクラウド環境でアプリケーションの展開を可能に

2020年2月27日
日本アイ・ビー・エム株式会社

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は本日、福利厚生サービス大手の株式会社ベネフィット・ワン(以下、ベネフィット・ワン)が、デジタル変革の一環として、Red Hat OpenShift上で稼働するオープンなシステム基盤 IBM® Cloud Pak for Integrationを昨年12月に採用したことを発表しました。IBM Cloud Pak for Integrationを活用することで、ベネフィット・ワンは、ハイブリッド・マルチクラウド環境でのサービス展開を高速化できます。

ベネフィット・ワンは、ハイブリッド・クラウド戦略の一環として、10,000以上の団体に提供する、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児支援など、約140万件のサービスからなる会員向けポータルサイト「ベネフィット・ステーション」の迅速かつタイムリーな更新を可能にする、オープンでセキュアなシステム基盤が求められていました。

そこで、ベネフィット・ワンは、ハイブリッド・マルチクラウド環境に対応するRed Hat OpenShift上で稼働し、柔軟性、可搬性に加えAPI管理やデータ連携など豊富な機能を持ったIBM Cloud Pak for Integrationを採用しました。IBM Cloud Pak for Integrationは、ベネフィット・ステーションのサービス向上に必要となる、スタートアップから大企業まで多様なサービス業者とシステムを連携のためのAPI連携やデータ連携機能だけでなく、高度なセキュリティーや幅広い認証・認可方式に対応するソフトウェアもパッケージされているため、必要な機能を選択し、簡単に短期間で導入することができます。

日本IBMは、API基盤ソリューションを中心としたベネフィット・ワンのIBM Cloud Pak for Integrationによるシステム構築、運用を継続的に支援していきます。

以上

参考リンク

 

日本IBMについて
世界175カ国以上でビジネスを展開するIBMの日本法人で、基礎研究をはじめ、ビジネス・コンサルティングから、ITシステムの構築、保守・運用まで一貫したサービスの提供を通じて、お客様の企業変革やデジタル・トランスフォーメーションを支援しています。
https://www.ibm.com/jp-ja/

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Cloud Pakは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。 Red Hat、OpenShiftはRed Hat, Inc.またはその子会社の米国およびその他の地域における登録商標または商標です。