SBIグループと日本IBM、地域金融機関向けFinTechサービスの導入支援事業を展開する合弁会社の設立について

TOKYO - 31 1 2017:
2017年1月31日

 

SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝、以下「SBIホールディングス」)と日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員:ポール 与那嶺、以下「日本IBM」)は、地域金融機関向けに各種FinTechサービスの導入を支援する共同事業の展開のため、合弁会社の設立について合意いたしましたので、お知らせいたします。

SBIホールディングスと日本IBMは2016年12月28日付けプレスリリースにて発表の通り、地域金融機関における新たなFinTechサービスの導入支援に向けて、「FinTechプラットフォーム」構築などの共同事業の展開について合意しており、合弁会社の設立について協議を進めてまいりました。
「FinTechプラットフォーム」にはSBIグループ投資先を含む国内外のFinTechベンチャーの各種FinTechサービスおよびシステムを接続し、共同出資による新会社を通じて、地域金融機関向けに提供してまいります。地域金融機関は幅広いFinTechサービスの中から利用したいFinTech機能が選択できるようになり、SBIグループと日本IBMは地域金融機関によるFinTechサービスのスムーズな導入、サービスの多様化、低コスト化の促進を図ります。

【合弁会社の概要】

商号 : SBI FinTech Incubation株式会社
事業内容 : 「FinTechプラットフォーム」の運営および各種FinTechサービスの導入支援事業
本社 : 東京都港区
代表者 : 木村 美礼(現:住信SBIネット銀行 執行役員 システム開発第2部長)
設立 : 2017年2月(予定)
資本金 : 1億円(資本準備金を含む)
出資比率 : SBIホールディングス 90%、日本IBM 10%

SBIグループと日本IBMは共同事業を通じて、地域金融機関向けにFinTechサービスの導入支援を行うことで、日本におけるFinTech分野でのオープンイノベーションの更なる促進、FinTechを活用した金融ビジネスの高度化に貢献していきます。