共創によるデジタル化とITスキル向上を通じ、日本社会の変革を加速する年

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

新型コロナウイルスは全世界の行動様式を一変し、社会全体がデジタル化する大きな転換点になりました。先行きの不透明感は継続していますが、そこには新たなチャンスとリスクが共存しています。今やテクノロジーは様々な機器やビジネス・プロセスに組み込まれ、何をするにしてもテクノロジーの存在が当たり前になってきています。より安全・安心な社会の創生やSDGsで定義された多くの社会課題に立ち向かうためには、社会システムの信頼性が必要不可欠であり、さらに高い品質と進化が求められています。

 

そのためにはまず、作る側と利用する側が、異業種・同業種、お客様とサプライヤー、IT企業という従来の枠を超え、アイデアや知識・経験をオープンに共有し、有機的に活動していくことが今まで以上に重要になってきます。また、関係者全員がAIをはじめとする先進的なテクノロジーを共通言語・共通スキルとして身につけ、革新的なアイデアを形にしていくことや、未来の課題・未着手の複雑な問題を解決するために量子コンピューターをはじめとした最先端技術を活用し、新しい価値を創出していくことが、さらなる進化の原動力となります。

 

当社は本年、基幹システムからクラウドに至る幅広い範囲において品質向上を徹底していくとともに、お客様やビジネスパートナー様との最新のテクノロジーを活用した共創やスキル習得をさらに推進し、お客様のデジタル変革、ひいては、日本社会の変革の加速に貢献してまいります。

 

本年も引き続きご愛顧のほどお願い申し上げます。

 

日本アイ・ビー・エム株式会社

代表取締役社長 山口 明夫